読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築と茶道とデザイン。そして大和魂’s blog

愛知県西三河・安城市在住の建築家であり茶人・野田敏男の日記。

落としどころ。

良い家と売れる家は違う。

美味しい店と売れる店は違う。

お金は必要だけど
それに寄り添い過ぎると
オカシナコトになる。

必要なこだわりと自己満足の境界は何処か。

目的と手段を間違えてないか。

経営者同士の話は尽きない。
切実な話なんだけど、
嫌いな話じゃない。
むしろ好きだ。

困った。

f:id:gibson1040:20170313232706j:plain



     □□□ 住宅・店舗・設計・企画・新築・リフォーム・リノベーション
     
     ■■■ 愛知県 西三河 安城市の建築デザインオフィス
     ■■■ Architect Design Office YAMATO  代表・野田 敏男

6年前のあの日に寄り添う。

そうは容易く言葉を書けないけども。

あの日を境に僕は、
生き方を変えたいと思った。

人間として正しいリアリティを持ちたいと思った。
人間の本質に触れて、
骨格のあるところに寄り添いたいと思った。

表現者(デザイナー)としても人間としても
モノの本質に触れていかなければならない。

正しいことをしようと思っているわけではない。
善行を積もうと思っているわけでもない。
僕は考える前に行動してしまう事が多い。
自分に真っ直ぐに。

でも真っ直ぐ生きると、必ず壁にぶち当たる。
壁に背を向け踵を返すことや、迂回をすることは
僕の性分では出来ない。

何も躊躇わず、その壁を壊そう・乗り越えようとして
大怪我をする。それで周りに迷惑をかけることもある。

今は、壁の前に立ち、
その壁を真っ直ぐ見つめる。
そうすると、それがどんな壁か見えてくるし、
それに対しての自分の弱さが見えてくるし、
その壁の向こうが経験と想像で見えてくる。

 

どうしても固い文章になる。
真面目になる。
頑なになる。
それで良いと思う。

僕らは大人になればなるほど
純白なものに立ち向かえない。
純白って残酷なほどに純粋だから。

そこに向かう自分を律しなければならない。

それに耐え得る自分で居られるか。
せめて姿勢だけでもそうありたい。

f:id:gibson1040:20170312201423j:plain

 

     □□□ 住宅・店舗・設計・企画・新築・リフォーム・リノベーション
     
     ■■■ 愛知県 西三河 安城市の建築デザインオフィス
     ■■■ Architect Design Office YAMATO  代表・野田 敏男

 

プロ意識。

一月越しの恋。

ずっと腰を据えてお話したかった人と
今夜ようやく場を持てた。

予想してた通りの人だった。
熱い人だった。
人間味のある豊かな人だった。

部下も一緒に来ていたが
これまた素敵な人だった。
上質の人には上質の仲間が集う。

プロ意識とは何か。
何かしらのお店に入って
「研修中」という名札を付けたスタッフが嫌いだ。
時間単価100円だろうが1,000円だろうが、
金銭をもらって働く以上、全員プロだ。
研修生がもてなすからといって、
商品価格が安くなるわけじゃない。
経営者とスタッフ間の雇用形態なんて
客には全く関係無い。

プロ意識が欠けた時代になって久しい。
権利を求める前に、義務を十二分に果たせ。

プロとして何かコトをやる以上、
常に問題意識を自問自答して、
クオリティの向上に努めるべきだ。

殆んどの仕事はサービス業。
僕はそう考える。
需要と供給で考えるなら
徹底して上質の供給をしたい。
客の立場に立った主体的なサービスを贈りたい。

時間は有限じゃない。
しかし人生は長さじゃない。
どれだけの燃焼率で生きたか。
要は質だ。
f:id:gibson1040:20170311224916j:plain
密度の濃い生き方をしたい。
ぼやぼやしてらんねぇ。



     □□□ 住宅・店舗・設計・企画・新築・リフォーム・リノベーション
     
     ■■■ 愛知県 西三河 安城市の建築デザインオフィス
     ■■■ Architect Design Office YAMATO  代表・野田 敏男

理kotowari

昨年末から
意識的に精力的に動く。

お陰で新しいネットワークが
次々に繋がっていく。

具体的な結果がちゃんと出て
しかも楽しい。
なんてHappyな人生。
ありがたいね。

今日もたくさんの出逢いを頂いた。
亜希ちゃん、いつもありがとね。
f:id:gibson1040:20170310220523j:plain

今日の茶会はいつも以上に活気づいた。
僕の言葉だけにとどまらず
みんなの意見が茶席を湧かす。

みんな自分の国の文化に真面目だ。
日本文化の理kotowariに
みんな真摯で情熱的だ。

特に今日は「必然性の出逢い」かも。
僕の独りよがりでありませんように。

それぞれがそれぞれに
出逢いの意味を持つ。
願わくばそこに「希望」という花が
ささやかでも咲きますように。
f:id:gibson1040:20170310221334j:plain



     □□□ 住宅・店舗・設計・企画・新築・リフォーム・リノベーション
     
     ■■■ 愛知県 西三河 安城市の建築デザインオフィス
     ■■■ Architect Design Office YAMATO  代表・野田 敏男

Blog、100記事目。

「ちょっとやったろうかな」
と昨年末に思いつき、
今日で100記事目を迎えるBlog。

とにかく毎日書く。
なんでもいいから毎日書く。
それだけが自分で決めたルール。

継続は力なり。
実は2つの意味がある。
「継続すれば大きな力となる」
「継続することこそが一番力が要る」

まだまだ登り始めだけど、
まずは一つ目の区切り。
自分で自分を誉めてやろう。

その瞬間から次の高みを目指す。

 

到着点を決めるようなことが僕の夢じゃない。

自分で道を選び、進み、
その時立ち現われる景色を楽しみ、
ぶつかり、次の道を選ぶ。

何処にたどり着くか、よりも
どれだけ歩いたか、
どれだけ歩く意思があるか。
それこそが尊い

そのまんま。
野田敏男の今。


そして今夜も
息子・一茶をたまらなく愛おしく思う。

f:id:gibson1040:20170309215558j:plain


     □□□ 住宅・店舗・設計・企画・新築・リフォーム・リノベーション
     
     ■■■ 愛知県 西三河 安城市の建築デザインオフィス
     ■■■ Architect Design Office YAMATO  代表・野田 敏男

やっぱり茶道が好き。

早朝から深夜まで。
京都で忙しく過ごす。

メインは宗匠の講演会。

やっぱり宗匠のお話は面白い。
すごく引き込まれる。
そしてやっぱり茶道が好き。

何を学ぶか、も大切。
誰に学ぶか、も大切。

両方に恵まれてる。
最高だね。
f:id:gibson1040:20170308223127j:plain




     □□□ 住宅・店舗・設計・企画・新築・リフォーム・リノベーション
     
     ■■■ 愛知県 西三河 安城市の建築デザインオフィス
     ■■■ Architect Design Office YAMATO  代表・野田 敏男

電柱と街づくり。

この雰囲気。
写真で伝わるかなぁ。

f:id:gibson1040:20170307212844j:plain

開放感を伝えたかった。

 

電柱が無い。

僕の故郷の愛知県西尾市の、とある通り。
この通りには電柱が無い。
日本でも時折見かける光景になってきた。

電柱が日本の景観を悪くする根源だ。
と言い切っても、あながち間違っていない。

行政もそれは知っている。

僕ら住民の動きも必要だ。
政治と同じ。

一人ひとりの動きが、
やがて千となり万となる。

最初は点でも集まれば面積を持つ。
幅や高さを持つ。体積を持つ。
想いが集まった塊となる。

どんな大きなことでも
スタートは必ずある。
それは意外と小さなスタートだったりする。

おかしいことは「おかしい」。
正しいことは「ただしい」。
そう言えるよう。

怯まずに常に言えるよう、
胸を張っていたい。

 

 

 

     □□□ 住宅・店舗・設計・企画・新築・リフォーム・リノベーション
     
     ■■■ 愛知県 西三河 安城市の建築デザインオフィス
     ■■■ Architect Design Office YAMATO  代表・野田 敏男