読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築と茶道とデザイン。そして大和魂’s blog

愛知県西三河・安城市在住の建築家であり茶人・野田敏男の日記。

たまにはCMを。

<住宅完成見学会_IN 愛知県西尾市_170422-23_YAMATO> 「もう、デザイン先行の建物は、いいんじゃない?」愛知県西尾市において、弊社YAMATOの住宅完成見学会を行います。 ※某 全国区有名建築雑誌 建築住宅賞 応募予定建物 暮らしに自然を取り戻す。 無垢の…

想い。

今の自分を本当に評価できるのは何者でも無い。未来の自分だけ、だと思う。 色々と思うことは多いけど今日は少し早く寝よう。 誰にも朝は必ず来てくれる。 □□□ 住宅・店舗・設計・企画・新築・リフォーム・リノベーション ■■■ 愛知県 西三河 安城市の建築デ…

感動。

本気でミュージシャンになりたい時期があった。3回に渡るオーディション一次審査落ちでその夢は崩れ去ったが。 数は減ったけど今でもギターを弾くときがある。いつでも弾けるように傍らに置いてある。 ギターはいいよね。抱きかかえて弾くと体を通して音が…

音楽。

僕が初めて買ったのはレコードだった。 中学生になるとCD。高校生になるとMDが登場。 大人になるとネット配信なるものに進化。車以外の外出にはiPodが欠かせない。 学生時代にプロミュージシャンになりたくてYAMAHAに送ったのはカセットテープだった。 思い…

妻と息子。

息子・一茶。2歳と9ヶ月。 良く笑い、良く泣き、良く怒る。 妻・祐子。42歳と5ヶ月。 良く笑い、良く泣き、良く怒る。そう。2人は良く似てる。祐子とは良くケンカになるのに 一茶とは一度もケンカした事が無い。 何故だ。僕は祐子に 甘えているのだと思…

ご縁という繋がり。

京都を代表する茶屋。 一力亭。 ひょんな御縁から御招待を受ける。 人からの御誘いはまず断らない。己ごときの想像力なんて たかが知れている。己ごときの些細な不安より 予想を裏切る嬉しい出逢いが待つ。人と人。 それでしか物語は繋がらない。夜は夜で 出…

自然主義。

かつてフランスの哲学者、 ジャン=ジャック・ルソーは 「自然に帰れ」と説いた。それは、 人間の心の中の自然、 根源的な無垢を回復しなければならない という自然だった。 自然に帰りたいと思う。 40歳を越え、 肉体的にも精神的にも 要らぬ垢が付き過ぎた…

お客様の視点。

新しいお客様。住宅リノベーション1回目の打合せ。 白熱した打合せの後の御主人との会話。 『野田さんのお客様はクチコミで来る?』 「殆どそうですね」 『宣伝じゃなくて?』 「はい」 『だったら本物ですね。 実際にやってみて良かったと思えたお客さんの…

移り変わり。

デザインを無機質に表現する。言い換えれば「ありのままに」表現する。それが自分らしさ、と捉えていた時期もあった。 しかし、少しずつ変わってきている。表現の方法や、受け手への寄り添い方とか。 細部まで計算されたものなのか、理屈では上手く言えない…

プロ仕様。

人間なんだから、失敗はある。 問題は、その失敗をしたときにどう対応するかが問題だ。 そこがアマとプロの違いだ。 失敗しても同じ給料もらってちゃほんとはオカシイよね。 銭金じゃ無いところで頑張ってんだ。 だから、ちゃんとやろう。 □□□ 住宅・店舗・…

北風と太陽。

トラブルが続く。仕事でのトラブルが続く。 なんで?なんでそうなっちゃうわけ??ってことが続く。 俺はこんなにちゃんとやってるのに!とも思う。 やらかしたソイツに腹が立つ。まずはそれを指摘し叱る。 でも、最後までは叱り切れない。 出来るだけ温和に…

やり直しは、きかない。

人生はやり直しがきかない。 建前上のやり直し、はある。 駄目でダメでだめで腰が砕け背骨が折れることもある。 そこで「もう一度はじめから」だなんて、そんな都合の良い話は無い。 自分を取り巻く周囲の状況、自分の精神の状況。プラマイゼロよりもマイナ…

落としどころ。

良い家と売れる家は違う。美味しい店と売れる店は違う。お金は必要だけど それに寄り添い過ぎると オカシナコトになる。必要なこだわりと自己満足の境界は何処か。目的と手段を間違えてないか。経営者同士の話は尽きない。 切実な話なんだけど、 嫌いな話じ…

6年前のあの日に寄り添う。

そうは容易く言葉を書けないけども。 あの日を境に僕は、生き方を変えたいと思った。 人間として正しいリアリティを持ちたいと思った。人間の本質に触れて、骨格のあるところに寄り添いたいと思った。 表現者(デザイナー)としても人間としてもモノの本質に触…

プロ意識。

一月越しの恋。ずっと腰を据えてお話したかった人と 今夜ようやく場を持てた。予想してた通りの人だった。 熱い人だった。 人間味のある豊かな人だった。部下も一緒に来ていたが これまた素敵な人だった。 上質の人には上質の仲間が集う。プロ意識とは何か。…

理kotowari

昨年末から 意識的に精力的に動く。お陰で新しいネットワークが 次々に繋がっていく。具体的な結果がちゃんと出て しかも楽しい。 なんてHappyな人生。 ありがたいね。今日もたくさんの出逢いを頂いた。 亜希ちゃん、いつもありがとね。 今日の茶会はいつも…

Blog、100記事目。

「ちょっとやったろうかな」と昨年末に思いつき、今日で100記事目を迎えるBlog。 とにかく毎日書く。なんでもいいから毎日書く。それだけが自分で決めたルール。 継続は力なり。実は2つの意味がある。「継続すれば大きな力となる」「継続することこそが一番…

やっぱり茶道が好き。

早朝から深夜まで。 京都で忙しく過ごす。メインは宗匠の講演会。やっぱり宗匠のお話は面白い。 すごく引き込まれる。 そしてやっぱり茶道が好き。何を学ぶか、も大切。 誰に学ぶか、も大切。両方に恵まれてる。 最高だね。 □□□ 住宅・店舗・設計・企画・新…

電柱と街づくり。

この雰囲気。写真で伝わるかなぁ。 開放感を伝えたかった。 電柱が無い。 僕の故郷の愛知県西尾市の、とある通り。この通りには電柱が無い。日本でも時折見かける光景になってきた。 電柱が日本の景観を悪くする根源だ。と言い切っても、あながち間違ってい…

心地良い疲れ。

今日の晩御飯はお茶漬け。サラサラーっと食べたいときがある。 一茶は御味噌汁がけ御飯。みんなでスプーンで食べたね。みんな一緒だね。 こういうのって平和っていうのか。しあわせっていうのか。 なんか居心地が良い。 ほどよい疲れ。このまま眠ってしまい…

人との関わり方。

黙ってても明日は来る。しかし、黙ってても通り過ぎてしまうだけ。 間違ってる、と思える相手を非難・批判することは容易い。 だけど僕はそんな相手でさえも情が湧く。そしていい形に方向転換できれば、と思う。それには、その人自身が自ら「変わろう」と方…

春の茶会。

雛祭り茶会には若手デザイナーが二人も来てくれた。若手も若手。まだ大学生。 最初は少し緊張気味だったけど、少しイジったら話す話す(笑) 若者と熱く語り合うと明日を信じられるのは何故か。それはきっと、若者が語るその瞳にまったく濁りが無く、希望と憧…

存在意義。

今日は早朝からタイトなスケジュール。 母校の卒業式に来賓出席し、リノベーション現場での打合せ。我が家で茶会&ランチ会。夕方~夜は名古屋ー地元間で家具を搬送する。 詰め込み過ぎて、ある箇所で遅刻&早退してしまった。申し訳ない。以後気をつけよう…

卒業するみんなへ。

2017年、春。 卒業式の季節が来た。母校・愛知県 西尾市立 西尾中学校。同窓会長として卒業生を式場で激励する。 そして毎年恒例の手紙を書いた。 卒業するみんなへ 大変な時代に生きてるな、俺達。 訳知り顔のツマンネエ大人達は 「今の若い奴らは・・・」なん…

プロとしての判断・アドバイス。

建築の仕事をしていると 「こういうのは出来ますか?」「こういうのって無理ですよね?」 という問いを良く頂く。端的に言うと、建築で出来ないコトって殆ど無い。問題は耐久性とコスト。 僕はお客様のイエスマンにはならない。それは僕のエゴというよりは「…

贅沢な2月。

いきなり暖かくなったり。いきなり冷え込んだり。 そんな気まぐれな2月がボチボチ終わる。 今日は息子・一茶と公園で遊んだ。空気は冷たくとも陽射しが暖かいこの頃の外は心地良い。 大人になるとどうしても人付き合いが室内になる。 一茶のお供で半ば強引…

部屋を彩る。

我が家のLDKを妻の祐子が気ままに彩る。 特別手を入れるわけでもなく野にあるがままに、投げ入れる。 日本文化の特徴は「素」の美しさを尊ぶ心情。 道端に生きるなんてことは無い草花が活けることで、時には崇高でさえある。 光の悪戯も面白い。光の輪と…

色眼鏡のフィルター。

名古屋の友人の誘いを受けて集いの場へ顔を出す。 予想以上の人の賑わい。思えば「ねっとわーくびじねす」なるモノに顔を出すのは初めてのことだ。 別にネットワークビジネスに興味を持ち始めたわけじゃない。かといって毛嫌いしているわけでもない。 今日は…

夫婦でお手伝い。

今日は友人主催のお餅つき会に 夫婦でお手伝い。 息子・一茶も 一緒に楽しませてもらいました。 そろそろお気付きでしょうか。 そう、ウェアがお揃いなのです。 しかも有名ブランド品♪ん? どこのブランドかって?ワークマン(笑)(笑)何処の品物だろうが、 デ…

息子の将来。

今日も息子・一茶の「こでー」(これー、のツモリ)に負けてオモチャを一式買ってしまった。働く自動車セット。 妻・祐子の了承を得て買うようになっただけまぁ良しとしよう。 他にも、パトカーや救急車や消防車。一茶は働く自動車が大好き。外で見かければ…

好きな本_2。

中原中也が好きだ。 たった30歳でこの世を去った孤高の鬼才。 好きな詩のひとつは『帰郷』だ。 柱も庭も乾いている。 今日は好い天気だ 縁の下では蜘蛛の巣が 心細さうに揺れている 山では枯木も息を吐く あゝ今日は好い天気だ 路傍michibataの草影が あどけ…

本。

いつもは。 てか、9割方はパソコンでblogを書くんだけど 何故か今夜はパソコンでサイトに繋がらない。スマホでは繋がるのにね。今日は同窓会長として 中学校の会議に出席。会場は図書室。あ。 ふと、思い出して室内を散策。 お。 あったあった。 昨年僕が寄…

後輩達へ。

我が母校。愛知県西尾市立 西尾中学校。ご縁があり、数年前から同窓会長をさせてもらっている。 70年の歴史がある中学校の同窓会長。その重さをイマイチ感じていないのは少し問題なのだが。 この時期になるといつも考える。3月初頭に行われる卒業式。僕は来…

完成見学会-OPEN HOUSE-をします。

春。愛知県西尾市にて「住宅完成見学会-OPEN HOUSE-」をします。 日:4月22日(土)-23日(日)時:10時~15時処:愛知県西尾市(詳細は後日) ここ数年の僕の集大成。「デザイン先行の建物なんて要らない」「住み心地」「機能性・実用性」幾つかのテーマを軸に…

プロとしてのお手伝い。

新しいお客様からオファーを頂く。今回のお客様は土地探しから。 普通の設計事務所は「設計」がお仕事。ウチの事務所はそれだけじゃない。 ・土地&建物のお悩み相談をする・土地を探す・伴侶の説得をする・金融機関に一緒に行く・役所関連全般の対応をする…

寝る前の楽しみ。

甘いもん大好き。 頂き物の羊羮。 当然、端っこが好き。一日の終わりの至福のとき。 甘いもん万歳ヽ(´∀`)ノ □□□ 住宅・店舗・設計・企画・新築・リフォーム・リノベーション ■■■ 愛知県 西三河 安城市の建築デザインオフィス ■■■ Architect Design Office Y…

職人・料理研究家。

夜も10時を迎える。晩御飯を終え、その後も明日の準備に余念が無い彼女がいる。 昨夜から泊り込みで来てくれている料理研究家。京都の大橋りさ さん。http://ameblo.jp/2014risa/ 本日のYAMATO-Officeでのイベントも大成功。 それも束の間。数時間後には次へ…

遠方の友。

京都で逢おう、という友がいる。 京都で話したい、という友がいる。 京都から泊まりこみで 料理教室をしてくれる友がいる。 俺はそんな友の為なら 何100km離れていようが すぐに駆け付けて逢いに行くよ。 □□□ 住宅・店舗・設計・企画・新築・リフォーム・リ…

久々のテレビ出演。

とても好きなミュージシャン。CHAGE&ASKA.そのASKAが本日、地方局で久々のテレビ出演を果たした。新曲『FUKUOKA』を歌い上げた。 顔は「少し苦労されてるな」という感じだったが、声は相変わらずの優しくも力強いASKAらしい声だった。 彼は現在も執行猶予中…

結婚。丸5年。

本日2月14日バレンタインデーは、僕ら夫婦の入籍日でもあり、結婚式&披露宴の日でもある。 日の丸背負って、日本・大好きで結婚式も神前でやった僕なのに日はバレンタインデーとは僕の振り巾の広さが伺える(笑) 今日は朝から妻・祐子とお出かけ。夕方まで…

久々の友だち。

今日は1年、いや2年近い?それくらい久々の友人がお茶会&ランチ会に来てくれた。 息子・一茶が乳飲み子で抱かれていた頃以来だというからずいぶん久々になる。 毎回思うことだけど、感性が近しい友だちとは、時間や距離は関係無い。すぐに熱く深いお話が…

好きな本。

好きな本というと たくさんあるけど大人になって読んで最初に「ああ、これは良い本だ」と思った本はこれだった。 『向田邦子 全集1 思い出トランプ』 良くありがちな劇的な起承転結があるわけではない。 文の流れが奇麗というか、スマートというか自然に無…

床の間。

「茶の間」と「茶室」はどう違う? 茶の間というと、団らんのくつろぎの感じがするし、茶室というと、少し緊張感を感じる。 一番の違いは『床の間』があること。 床の間に掛花や軸があると、空気が凜とした感じになるし、何か心の拠り所になるような気がする…

いつもの食卓。

いつもの食卓。 妻・祐子の丁寧な手作り。 筑前煮、高野豆腐。御飯、御味噌汁、お漬物。 樹脂の器は使わない。壊れてもいい。肌触りから息子・一茶に想いを伝えたい。陶器、磁器、漆器、木器。 一茶が、あらゆることを大人と同じ様にやりたがる。いやがらず…

職人の業waza。

とある有名なお寺に立ち寄った。 本堂を見た後の帰り道の庭園。寒空の中、仕事をする庭師を見た。何気なく通り過ぎようとする中、僕はその足を止め、職人の仕事に目を見張った。 初めて見た。「ピンセット」を遣う庭師。苔の手入れと草取り、両方だろう。 こ…

友から友へ。

新春。今年に入って自邸の茶会は10回を超える。 今年は積極的にコトを進めると決めたのでもっともっと こなしたい。自分の独り善がりではツマラナイのでもっともっと友を良い意味で巻き込みたいしもっともっとそこから輪を広げたい。 昨年12月に知り合った、…

自主イベント。

我が家でのイベント。 02月17日(金)11時から『大橋りささんの「肉汁あふれる肉まんと子どもと食べたいラーメン」レッスン♪』https://www.facebook.com/events/408312502843941/ ☆残席あと1名です。ご希望の方はお早めに。 我が家は、自宅であり、オフィスで…

ASKA氏、NEW ALBUM発売。

僕が「長渕 剛」さんを好きなのは、今更言うまでも無く、僕に関係する方なら誰もが知る公然の事実。 が。 実は「CHAGE&ASKA」も大好き。その片方ASKAさんは皆さんご承知のとおり大きな事件を起こした。 それ自体を擁護する、というつもりは無い。だけど「誰…

むめ 一輪。

冬の冷たい雨の中。 庭の梅の蕾が水気を帯び色気が引き立ち 何だか嬉しく思う。 梅を「間遠の花」という。花と花の間が離れていて冬の寒さを思わせる。 それ故、ぽつんと開いた花にあたたかみを感じる。 むめ一輪 一りんほどの あたたかさ 服部嵐雪 むめ は…

男ノ嗜ミ。

酒が呑めないクセに行きつけの居酒屋がある。ワインバーがある。Barがある。 昨年知ったBarで出逢いがあった。「葉巻」。予想もしなかった出逢い。 煙草とは全く違う。不純物は一切無い。敢えていうならハーブに近い。 なんとなく落ち着く。と同時に、凛とす…