読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築と茶道とデザイン。そして大和魂’s blog

愛知県西三河・安城市在住の建築家であり茶人・野田敏男の日記。

「デザイン」と「実用性」  ◎建築の取材から。

建築の取材を受けました。

 

名古屋の有名Webサイト
「nozoc」http://nozoc.jp/ さんは
お客さんと建築家の橋渡し役サイト。

光栄なことに愛知西三河の1建築家として
YAMATO・野田をピックアップして下さいました。

 

まずは自邸。 ↓ リンク ↓

建築実例.3 理にかなった「平屋」暮らし。【安城市】 | のぞっく|NOZOC

f:id:gibson1040:20161203085213j:plain

 

 

そして、お客様の家。 ↓ リンク ↓

建築実例.4 動線と収納を工夫した散らからない家【西尾市】 | のぞっく|NOZOC

f:id:gibson1040:20161203085450j:plain

 

このサイトの良いところは、

実際の住み心地を「住んでるお客様自身」に聞けるところ。

建築家やデザイナーが 幾ら自論を悦に浸り説いたところで

それは片手落ちというもの。

主役はあくまでも「施主様」。

施主様の希望で、施主様のお金で、施主様の土地に、施主様の家を建てる。

建築家やデザイナーの「作品」だなんて、

おこがましい にも程がある。

 

車や服とは、金額も使用年数も桁が違う。

まずは実用性ありきで考えたい。

徹底的に実用性を盛り込んだとしても、必ず「余白」は残る。

その余白に

「施主様が選んでくれた僕らしさ」

「住んでいて心地の良いカタチ」

を盛り込みたい。

それが『デザイン』だと僕は考える。

 

建物は一生モノ。

情緒的な言葉を重ねるより、真剣な具体的な行動を。

 

白い余白地は、一点の紅を生かすもの。

 

 

 

     □□□ 住宅・店舗・新築・リフォーム・リノベーション

     

     ■■■ 愛知県西三河安城市の建築デザインオフィス

     ■■■ Architect Design Office YAMATO  代表・野田 敏男

     ■■■ https://www.facebook.com/adoyamato/