読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築と茶道とデザイン。そして大和魂’s blog

愛知県西三河・安城市在住の建築家であり茶人・野田敏男の日記。

マブダチ。

京都のマブダチ。

f:id:gibson1040:20170123202524j:plain

二条城のちょい近く。
マブダチはそこら辺りに住んでいる。

マブダチと言いながら
昨年の夏に出逢ったばかり。
まだ1年も経っていない。

でもそれがどうした。
人の一生って長さじゃない。
どれだけの燃焼率で燃やしたか。
量では無い。質だ。
あまり運命がどうだとか言うのは好きじゃないけど
巡り逢うべくして巡り逢ったのだろう。

マブダチは女性。
あっけらかんとしつつ?も、
かなりの気ぃ遣い家。
低音ヴォイスな料理研究家。
異性は友達になり得るか?
などという議論はくだらない。
異論を挟む余地も無く
マブダチなのである。

最近は僕のマブダチと言うより
妻・祐子の恋人説も浮上している。

f:id:gibson1040:20170123202434j:plain

そして今では家族ぐるみのお付き合い。
昨夜は京都での初釜の後、
妻・祐子、息子・一茶、並びに実母を連れて
マブダチ邸にてファミリー×ファミリーで
ディナーを頂いてしまった。

  ☆マブダチの昨日のblog

   http://ameblo.jp/2014risa/entry-12240569866.html

俺も祐子もマブダチも。
改めて見つめ直すと、
結局、一生懸命なんだなって思う。
一生懸命生きようとしているからこそ、それぞれに、
摩擦があって、哀しみがあって、痛みがあったんだなって。

何を楽しいと思うか、より、
何を見て哀しいか、って事が自分と共感できる人間に
僕は思いっきりハマる。
人間の深さとかキャパシティっていうのは
最終的には、
どれだけ哀しみをひきずっているか、
だと思う。

人の痛みがわかる人間だから
人に優しくなれる。
優しい、とはニンベンに憂いと書く。
ニンベンは人。憂いは哀しみだ。

そんな話をマブダチとした事は無いけど
わざわざ話する事も無い。

最後の最後には、
気持ちって言葉では表現し切れない。
黙ってても伝わる奴には伝わるし、
気持ちを汲んでくれる奴は汲んでくれる。

そんな人達に囲まれている俺は
最高の幸せ者です。

 



     □□□ 住宅・店舗・設計・企画・新築・リフォーム・リノベーション
     
     ■■■ 愛知県西三河安城市の建築デザインオフィス
     ■■■ Architect Design Office YAMATO  代表・野田 敏男