読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築と茶道とデザイン。そして大和魂’s blog

愛知県西三河・安城市在住の建築家であり茶人・野田敏男の日記。

職人の業waza。

とある有名なお寺に立ち寄った。

本堂を見た後の帰り道の庭園。
寒空の中、仕事をする庭師を見た。
何気なく通り過ぎようとする中、
僕はその足を止め、職人の仕事に目を見張った。

f:id:gibson1040:20170209210350j:plain

初めて見た。
「ピンセット」を遣う庭師
苔の手入れと草取り、両方だろう。

この寺の庭園は9万㎡を超える。
ナゴヤドームおよそ2つ分。
すべてが苔に覆われているわけでは無いが
すべての苔エリアをピンセットでメンテナンスするのに
どれだけの人と時間がかかる?

それは気が遠くなるほど計り知れないが
きっとこの庭師達はやり遂げるのだろう。
しかも1回限りではなく、
毎年毎年、ずーっと昔から、
これからずーっと未来まで。

注目すべきは、
これは決して特別な職人技では無い。
丁寧さと根気があれば誰にでも出来る、ということ。

だけども。
誰にでも出来はしないだろう。
むしろ、出来る人は限られてくる。
それこそ「業waza」だ。

大事なコト、大切なコトって
意外とこういうことだったりする。
派手で楽しくなっちゃうようなコトって
そうそう有りはしない。

地道に地道にコツコツコツコツ。
丁寧に丁寧にコツコツコツコツ。

そういう裏打ち無しには
やっぱり大成って無いよね。

さすが世界遺産
すげえなぁ鹿苑寺(金閣寺)。

f:id:gibson1040:20170209210603j:plain

雪空といえば金閣寺だよね。

 

 

     □□□ 住宅・店舗・設計・企画・新築・リフォーム・リノベーション
     
     ■■■ 愛知県西三河安城市の建築デザインオフィス
     ■■■ Architect Design Office YAMATO  代表・野田 敏男