読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築と茶道とデザイン。そして大和魂’s blog

愛知県西三河・安城市在住の建築家であり茶人・野田敏男の日記。

息子の将来。

今日も息子・一茶の
「こでー」(これー、のツモリ)
に負けてオモチャを一式買ってしまった。
働く自動車セット。

f:id:gibson1040:20170224210030j:plain

妻・祐子の了承を得て買うようになっただけ
まぁ良しとしよう。

他にも、パトカーや救急車や消防車。
一茶は働く自動車が大好き。
外で見かければ必ず騒ぐ。


自邸のお茶室で茶席があれば
必ず同席したがる。
お抹茶大好き。
和菓子大好き。

最近では茶や菓子を頂く前に
ちゃんと両手を揃えてお辞儀までする。

正座で佇む様は、大人顔負けの雰囲気だ。

f:id:gibson1040:20170224210142j:plain

ちょっとは僕や祐子が、
手や言葉を添えるが、
基本はすべて一茶の自発的な行動によるもの。

親を見る、とはこういうことか。

 

かといって、茶道や建築を、
僕から一茶に積極的にやらせようとは
これっぽちも思わない。

だって長く続けようとするなら
多分大変なことの方のが多い。
好きでなきゃ やってられない。

単純に割の良い稼ぎの方法なら
いくらでも他にある。

しかし自発的なら話は別だ。
それが何かに影響を受けた自発だとしても。
だって殆どの人が何かに影響を受けて
今の生き方を決めているはずだから

言葉だってそう。
「誰かの受け売り」だなんて
他者を批判する人がいるが、
完全に自分のオリジナルの言葉だけで語ってる人なんて
まず居ない。

自分の中で自分なりに消化して
自分の血となり肉となった言葉や想い。
それはもう自分の言葉・想いとして既に歩んでいる。

 

一茶は将来、何になるのかな。
可愛い可愛い息子だけど、
死ぬまで面倒は見られない。

一茶が好きではじめる茶道や建築なら
いくらでも教えてあげたいし
伝えてあげたい。

ムズカシイこと・タイヘンなこと。
クルシイことは、これからたくさんあるけれど。

 

まずは「好き」ってことを覚えておくれ。
好きって心の衝動は
殆どの苦難を駆逐するぞ。

 

ずっとずっと応援してる。
頑張れ、一茶。




     □□□ 住宅・店舗・設計・企画・新築・リフォーム・リノベーション
     
     ■■■ 愛知県 西三河 安城市の建築デザインオフィス
     ■■■ Architect Design Office YAMATO  代表・野田 敏男