読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築と茶道とデザイン。そして大和魂’s blog

愛知県西三河・安城市在住の建築家であり茶人・野田敏男の日記。

相手の立場に立つ。

今日は御客様アリ。
茶室が華やいだ。

f:id:gibson1040:20170503204541j:plain

来訪は小学校からの友。
すぐに反応してくれる身近な親友。

途中から妻・祐子を交じえ
じっくり深いお話が出来た。

f:id:gibson1040:20170503204610j:plain

人と話すのは難しい。
人に伝えるのは難しい。
同じ日本語なのに、だ。

相手の立場に立つ。
という言葉が陳腐化して久しいが
これがどれだけ難しいことか。

講師としてでも、そう。
オファーとして頂いた話でも、そう。
受講者・お客様の立場に立つ。
相手の最大のメリットを考える。
相手がどういう経緯・気持ちで
この場に辿り着いたのかを考える。
熟考する。

それを毎回、丁寧に・誠実にこなしてる講師・デザイナーが
いったいどれだけ居るというのだろう。

大きな声を張り上げればいいってもんでもない。
相手の傍に寄り添って
ポロッとこぼれるように話した言葉が
相手の腑に落ちるコトだってある。

昨日のBlogにも関連してくるけど
これも「余裕」のひとつ。

余裕が無けりゃ相手の入る隙は無い。
余裕が無けりゃ相手を包み込むことは出来ない。

憎しみや悲しみよりも
苦楽を共にした方が絆は強い。

自らを弛緩させる余裕を持ちたい。
大声で力強く動ける人間が
力まかせに放つんじゃなくて
自らの中で丁寧にエネルギーを消化して
相手を思いながら、適量をポッと出す。

f:id:gibson1040:20170503204809j:plain

そんな生き方もいいなぁ。
なんて思えるようになった43歳。
そんな自分が嬉しいし、
そう思わせてくれる周囲のみんなに感謝。

これからが楽しみ。
一時の気の迷いとならないように。

f:id:gibson1040:20170503204709j:plain

なんだかんだ言って
コツコツ地味な動きが
結果、大きな力を生む。

 

やるなら今しかねえ。

 

 

 


     □□□ 住宅・店舗・設計・企画・新築・リフォーム・リノベーション
     
     ■■■ 愛知県 西三河 安城市の建築デザインオフィス
     ■■■ Architect Design Office YAMATO  代表・野田 敏男