読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建築と茶道とデザイン。そして大和魂’s blog

愛知県西三河・安城市在住の建築家であり茶人・野田敏男の日記。

暗闇にあらがう。

上弦の月と 宵の明星が 奇麗に並ぶ。
こういう瞬間に出逢えるって嬉しいね。

f:id:gibson1040:20170102181144j:plain

そういうのに気付ける自分も嬉しい。

煌く星に人が歓喜するのは、
周りが暗いから。

星は終始光ってるんだけど、昼間は輝かない。
輝きに気付かない。
真っ暗闇になってあらゆるものが なり を潜めると
夜空はもっともっと明るいんだよね、本当は。

その光に思いを寄せて、
人は失くした恋のことに涙してみたり、
やがてやってくる自分の将来のことに
希望を描いたりする。

暗闇って、人が絶望に陥ったり苦しんだりする。
でもそれこそが、ものを考えたりする始点なんだ。
何かがあったって、必ず朝が来るじゃん!って。

大なり小なり、それぞれが悩み苦しみを持っている。
暗闇の中で突っ伏して。
でもその暗闇の中の星は、必ずそこで凜と輝いている。

それと、どう自分が会話するか、だよね。

そこで恋をすることもできるし、
ある人を・時間を、懐かしむこともできる。
泣くこともできる。

そして朝が来て、
俺はそこへ行くよ。お前は? そうか、あそこへ行くか。
いってらっしゃい。また逢おう。
ってなるわけでしょ。

僕はそう動きたい。
常にそうありたい。

新年だからとか正月だからとか。
それもいいけど、さ。

日々変わる事無く
前へ突っ伏していたいね。




     □□□ 住宅・店舗・設計・企画・新築・リフォーム・リノベーション
     
     ■■■ 愛知県西三河安城市の建築デザインオフィス
     ■■■ Architect Design Office YAMATO  代表・野田 敏男
     ■■■ https://www.facebook.com/adoyamato/